ミスティーネットPerl・CGI講座 パール・CGIレッスン MISTY-NETレンタルサーバー・PERLプログラミング講座 CGI&PERL究極のレシピ
| HOME | ご利用について | 推奨環境 | リンクに関して | 免責/規約 | お問合せ | ミスティーネット | リンク集 |
Perl言語リファレンス

ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編
ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編
始めに 始めに
変数について 変数について
処理の制御1 処理の制御1
処理の制御2 処理の制御2
配列の処理 配列の処理
ハッシュの処理 ハッシュの処理
数値の扱い 数値の扱い
文字の扱い 文字の扱い
時間の処理 時間の処理
サブルーチン サブルーチン
ファイルの処理 ファイルの処理
ディレクトリの処理 ディレクトリ処理
CGIについて CGIについて
漢字の処理 漢字の処理
    (文字コード)
Cookie の処理 Cookie の処理
正規阜サ1 正規阜サ1
正規阜サ2 正規阜サ2
演算子について 演算子について
ライブラリ ライブラリ
デバッグ デバック
環境変数について 環境変数
ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編

ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編
ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編
カウンターを作ってみよう カウンターを
     作ってみよう!
ミニゲームを作ってみよう ミニゲームを
     作ってみよう!
ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編

  HOME >> アルファベットで関数を検索 >> substr
substr [部分文字列を取り出す・置換する]
[関数の使い方・書式]

substr ,[,[,]]

(スカラー) 対象文字列(を返す式)。
(スカラー) 部分文字列を取り出す最初の位置(を返す式)。 ・・・ オフセット位置。
(スカラー) 取り出す部分文字列の長さ(返す式)。
(スカラー) 取り出した部分に置き換える文字列(を返す式)。
(スカラー) 取り出された部分文字列。


[関数の機能]
対象文字列から部分文字列を取り出して返します。 対象文字列の先頭を0年、先頭から数えて分進んだ位置からの長さ分を部分文字列として取り出します。 オフセット値がマイナス値の場合、文字列の末尾を -1 とし、末尾から先頭に向かって戻った位置が開始位置となります。 マイナスで示す位置が文字列の先頭を越えてしまった場合は、文字列の先頭が開始位置になります。
長さが省略されると末尾までが取り出されます。 がマイナス値の場合、末尾の文字を -1 とし、末尾からその値分戻った位置までの文字が取り除かれて取り出されます。
オフセットとの関係から、で指定した部分が開始位置や対象文字列の先頭より前の部分、 あるいは、末尾よりも後ろの部分だけを示す場合は、空文字列が返されます。
substr は左辺値として代入することが出来ます。 この場合、取り出された部分文字列が新に代入する文字列で置き換える形となります。 代入する文字列が取り出された部分文字列より長ければ文字列は伸び、その逆の場合、文字列は縮むことになります。 5.005 からはを使ってこの置換を記述する事ができるようになりました。


[書式の例]
1. $substring = sbstr($string, $offset);
2. $substring = sbstr($string, $offset, $length);
3. sbstr($string, $offset, $length) = $replace;
4. $substring = sbstr($string, $offset, $length, $replace);



サンプルソース
● 郵便番号を ― 付きに変換
while ( $line =  ) {
	if ( ($zip) = $line =~ /[0-9]{7}/) { # [0-9] は \d でも可
		$main = substr($zip, 0, 3);
		$detail = substr($zip, 3, 4);
		print "〒 $main-$detail\n";
	}
}



| HOME | ご利用について | 推奨環境 | リンクに関して | 免責/規約 | お問い合わせ | ミスティーネット |
(C)Copyright 2002 ミスティーネット Inc. All Right Reserved.