ミスティーネットPerl・CGI講座 パール・CGIレッスン MISTY-NETレンタルサーバー・PERLプログラミング講座 CGI&PERL究極のレシピ
| HOME | ご利用について | 推奨環境 | リンクに関して | 免責/規約 | お問合せ | ミスティーネット | リンク集 |
Perl言語リファレンス

ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編
ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編
始めに 始めに
変数について 変数について
処理の制御1 処理の制御1
処理の制御2 処理の制御2
配列の処理 配列の処理
ハッシュの処理 ハッシュの処理
数値の扱い 数値の扱い
文字の扱い 文字の扱い
時間の処理 時間の処理
サブルーチン サブルーチン
ファイルの処理 ファイルの処理
ディレクトリの処理 ディレクトリ処理
CGIについて CGIについて
漢字の処理 漢字の処理
    (文字コード)
Cookie の処理 Cookie の処理
正規表現1 正規表現1
正規表現2 正規表現2
演算子について 演算子について
ライブラリ ライブラリ
デバッグ デバック
環境変数について 環境変数
ミスティーネットPerl・CGI講座/基本編

ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編
ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編
カウンターを作ってみよう カウンターを
     作ってみよう!
ミニゲームを作ってみよう ミニゲームを
     作ってみよう!
ミスティーネットPerl・CGI講座/応用編

  HOME >> アルファベットで関数を検索 >> fcntl
fcntl [fcntl システムコールを実行する]
[関数の使い方・書式]

fcntl ,,
:ファイルハンドル。
:操作を示す定数。
:スカラー変数。
  ・・・ 操作に応じて読み書きされる。数値の場合そのものが、文字列値の場合ポインタが、fcntlシステムコールの第3引数として渡される。
:成功時は真(システムコールの戻り値。その戻り値が0のときは "0 but true")、失敗時は偽(未定義値)。


[関数の機能]
ファイル制御を行なうfcntlシステムコールを実行します。fcntlシステムコールを実装してないプラットフォームでは致命的エラーが発生します。
fcntlシステムコールの引数として渡すは、用途に応じて適切にpackしておく必要があります。


[書式の例]
fcntl $filehandle, F_GETFL, $buffer or die "fcntl失敗: $!";


サンプルソース
● システムコールの戻り値を表示する

suse Fcntl;
・・・
$return = fcntl FH, F_GETFL, $buffer
	or die "fcntl失敗: $!";
if ( not efined $return ) { $return = -1; }
printf "戻り値 = %d\n", $return;



| HOME | ご利用について | 推奨環境 | リンクに関して | 免責/規約 | お問い合わせ | ミスティーネット |
(C)Copyright 2002 ミスティーネット Inc. All Right Reserved.